HERSHEY'S JAPAN

ハーシーチョコレートは世界90カ国以上の人々に愛されているアメリカの代表的なチョコレートです。

HeritageHeritage
会社情報 History of HERSHEY

1894年設立、永い伝統を誇るハーシーの歴史をご紹介いたします。

HERSHEY'S CHOCOLATE ハーシー社の歴史は、一世紀以上にも渡るアメリカの社会や産業の大きな変化と共に歩んできました。 それは、ペンシルバニア州出身の開拓者が世界的な企業を設立し、その発展と共に街を造りあげるという、製菓業界にセンセーションを巻き起こしたサクセスストーリーです。

すべては決意から It all started with a decision.

HERSHEY
始まりは1894年。 当時、キャンディ製造業者だったミルトン・ハーシーはキャラメルコーティング用チョコレートの製造を始める決心をしました。 1900年代にはチョコレートバーなど様々な形のミルクチョコレートの製造を開始し、かつては贅沢品であったチョコレートを大量生産により一般消費者に手ごろな値段で提供することが可能になったのです。
「美味しくて、栄養満点」を謳い文句にハーシーの商品は広く世間に知れ渡り始めました。

躍進するハーシー社 A company on the move.

HERSHEY
高品質・低価格のミルクチョコレート製造の成功により、ミルトン・ハーシーは自身の出身地であるペンシルベニア州ディリータウンシップに次々とチョコレート工場を設立しました。この地域はニューヨークとフィラデルフィアの港に近かったので砂糖やカカオの輸入品を入手しやすく、また近郊の酪農場から品質の良い牛乳を入手することができたため、チョコレート工場としては最高の立地条件を満たしていました。 
そして何より誠実な労働者たちに助けられ、ハーシー社はますます発展していったのです。

世界中に「キス!」 A KISS for the whole world.

HERSHEY
1907年、キスチョコは円すい形の平凡な形で小さな四角い銀紙にひとつひとつ包まれていました。 
しかし1921年には包装用機械が導入され、現在のキスチョコが完成しました。 
世界中で人気のある、あの小さなフラッグをつけたキスチョコです。

新商品の登場と、過酷な時代。 New products, hard times.

HERSHEY
以後20年間 MR.GOODBAR(1925), HERSHEY'S SYRUP(1926), CHOCOLATE CHIPS(1928), KRACKEL BAR(1938) などたくさんの新商品が登場しました。 1930年代、大恐慌にもかかわらずこれらの製品は消費者の支持を受け、会社は発展し、そこで働く労働者が職を失うことはありませんでした。CIO労働条項の支援を受ける労働者の一部は6日間のストライキを決行しました。 
しかし、他の忠実な労働者と地域の酪農生産者たちの説得によりストライキは終結したのです。

友達から家族の一員へ。 A family friend becomes a family member.

HERSHEY
戦争終結後、多くの新商品が紹介されると共に、新しい収穫もありました。H.B.ハリー・リース社は1928年からリーズペニーカップと呼ばれるチョコレートコーティングのビーナッツバターカップを造り始めました。 そのコーティング用のチョコレートを提供したのがハーシー社でした。
それ以降両者は良い関係を築き上げていきましたが、その7年後にハリー・リース社の創設者リース氏が亡くなり、1956年にハーシー社はリース社を吸収しました。

成長、そして多角化。 Growing up and branching out.

HERSHEY
1968年にHershey Foods Corporationへ社名変更したハーシーは、続く数十年間、製菓商品ラインを拡大し、関連会社との合弁により多角化へ乗り出します。 その後も次のような多くの企業と共に成長を続けています。 San Giorgio Macaroni and Delmonico Foods(1966), Rowntree MacKintosh(1970), Twizzlers Y&S Candies(1977), Dietrich Corp.'s confectionery operations(1986), Peter Paul/Cadbury's U.S.confectionery operations(1988), Ronzoni Foods(1990), Mauna Loa Macadamia Nut Corporation from The Shansby Group(2004), Scharffen Berger Chocolate Maker, Inc.(2005), Joseph Schmidt Confections, Inc.(2005)

ハーシー社の新世紀への躍進。 The Hershey Company enters a new century.

HERSHEY
2004年にはThe Hershey Companyへと社名を変更しました。 今日ハーシーはアメリカの代表的なチョコレート、食品会社として成功を収め、90カ国以上の人々に愛されています。 我々は、約13,700人の社員と40億ドル以上の売上げを誇るハーシーの更なる発展のため、またこれからも皆様に愛されるハーシーであり続けるため、日々精進してまいります。
The Hershey Companyは、ハーシーの歴史を育んだアメリカ・ペンシルベニア州ハーシータウンでMilton S. Hershey Medical Center, The Milton Hershey School, HERSHEY'S CHOCOLATE WORLD Visitor Center, HERSHEYPARK などの運営に携わりながら、地域社会の発展に貢献しています。

Our heritage

一世紀にわたり受け継がれるハーシーの理念をご紹介いたします。

イラスト ハーシー社のお客様、コミュニティー、子どもたちに対するコミットメントは、創設者 ミルトン・ハーシーが確立した以下の経営理念に基づいています。

  • ハイクオリティな商品を製造し、フェアプライス(適正価格)でご提供する
  • 従業員に対して有意義な仕事を公正な賃金で提供する
  • 会社がビジネスを営んでいる地域社会に対して還元をする
  • 土地や天然資源の環境管理を行う‘スチュワード’(管理人)としての役割を担う

その経営理念に基づいて1909年にThe Milton Hershey Schoolが設立されました。

子どもたちのための学校を設立。 The Milton Hershey School

ミルトン・ハーシーの経営理念に基づき、子どもに恵まれなかったハーシー夫妻は、1909年The Milton Hershey Schoolの前身であるThe Hershey Industrial School for Orphans という孤児のための学校を設立しました。

1918年、ミルトン・ハーシーは学校運営のために、6,000万ドルもの私財を信託基金としてThe Hershey Trust Companyに寄付しました。

The Hershey Trust Companyは現在もハーシ社の大株主であり、The Milton Hershey Schoolを運営しています。

The Milton Hershey Schoolでは、1,800人以上の恵まれない子どもたちに住居、学費、医療費を無料で提供しています。

さらに、ハーシー社の利益の一部がThe Milton Hershey Schoolへ寄付されることから、ハーシー商品をご購入いただくごとに、The Milton Hershey Schoolへの間接的なご支援となります。
子どもたち

CSR(企業の社会的責任)への取り組み

ハーシー社は、変化する市場やさまざまなステークホルダーからのご期待に応えるため、環境、社会、そしてガバナンスに関する課題に取り組んでいます。

当社のCSRへの取り組みを推進するため、ハーシーブランドにとって、また、事業の成功、社会的責任を果たすために重要な問題を監視することをお約束します。ハーシー社では、それらの問題をエンゲージメント・プライオリティ(誓約の優先事項)と称し、取組むべき重要なCSR課題と位置付けています。

2009年に初めてCSRレポートを発行してから2年が経過し、それぞれの取り組みにおいて、多面的に大きな進歩を遂げてきました。
また、エンゲージメント・プライオリティのそれぞれの取り組みにおいても、経時的改善成果を記すため、測定可能な目標を設定しました。

ハーシー社のCSRへの取り組みとその成果につきましては、本社ウェブサイトに掲載のCSRレポートをご覧ください。

ハーシーの5つのCSR戦略 Listen, Learn and Act

1. ステークホルダー・エンゲージメントをとおして、当社のグローバルな事業活動の中でのパフォーマンスを理解する
2. エンゲージメント・プライオリティ、また重要課題などに取り組むため、目標とゴールを設定する
3. それらの目標とゴールに対するパフォーマンスを測定及び監視する
4. 重要課題に対するハーシー社のパフォーマンスをステークホルダーにコミュニケーションすることにより、そのフィードバックを求める
5. 継続的に改善状況とパフォーマンスを確認するため、目標とゴールの定期的な見直しを行う

ハーシーの4つのCSRフレームワーク HERSHEY’S CSR Framework

創設者 ミルトン・ハーシーの「お客様、コミュニティ、子供たちを第一に考える」という理念を守り、社会的責任と持続可能な環境に配慮し、ハイクオリティなハーシー商品をお届けする
MARKETPLACE
フェアトレードと倫理的調達への遵守
供給の整合性
消費者の健康と安全
お客様と連携
ENVIRONMENT
機能条件に応えると同時に環境に対する影響を最小限に抑制
環境を持続させる商品デザイン
持続可能な調達
事業の効率的運営
WORKPLACE
働きやすい職場環境づくり
「安全」で「健康」に働ける職場環境
「オープン」&「従業員とともに」
従業員への価値ある提案
COMMUNITY
私たちが生活し、働く社会と地域コミュニティに対しポジティブな影響を与える
コーポレート・フィランソロフィー(企業の社会的貢献活動)
社員寄付&ボランティア活動
MARKETPLACE ENVIRONMENT WORKPLACE COMMUNITY

CSR活動―コミュニティへの参画

ハーシーの4つのCSRフレームワークの一つである‘Community’をご紹介いたします。

創設者 ミルトン・ハーシーより受け継がれたビジョンにより、ハーシー社は、一世紀以上もの間、社員が生活し、働く社会と地域コミュニティの向上に重点的に取り組んできました。コミュニティ活動の中心は、子供たちの幸福と健やかな成長であり、特に難病などの危機にさらされる子どもたちに焦点を置いて活動しています。

ハーシー社のコミュニティーに対するコミットメントは、社会・経済の発展に寄与するというパートナーシップからはじまります。
社員一人ひとりが寄付活動やボランティア活動をとおして、コミュニティ発展のための利益貢献につながる取り組みを今後も展開していきます。

米国本社の社会貢献活動 Corporate Philanthropy in U.S.

米国本社では、United WayとChildren’s Miracle Networkの2団体を主要パートナーとして、相互協力の下、活発な地域貢献が行われています。

United Wayは、地域コミュニティの利益、生活の向上のため、国際的活動を行う団体です。

米国ハーシー社では、アメリカ赤十字社、ハビタット・フォー・ヒューマニティ、ジュニア・アチーブメント、ドレス・フォー・サクセスなど1,400以上の団体への募金を通し、社会貢献活動に取り組んでいます。

Children’s Miracle Networkは、北米の小児病院を援助する非営利団体で、最先端のケア、命を救うための研究、予防教育などのため基金を募っています。ハーシー社の長年にわたる貢献は、数多くの子供たちの命を救うことに大きな影響を与えています。
米国本社の社会貢献活動
米国本社の社会貢献活動

世界各地の社会貢献活動 Corporate Philanthropy in Global

世界各地の社会貢献活動 philanthropy without borders―グローバルコミュニティをサポート

フィリピンでは、児童養護施設で、身体的・精神的障害を持つ子どもたちを対象としたtherapeutic garden(療法的園芸)に寄付をしました。Therapeutic gardenは、子供たちに癒しの空間とリラックスした環境を与えられるよう設計されています。
本施設は、ハーシーのフィリピンオフィスに近いElsie Gaches Villageの中にあり、フィリピンオフィスが継続的に支援をしています。
2009年には、Hershey’s Pure Water Refilling stationを設置し、Elsie Gaches Villageの居住者に安全でクリーンな飲料水を提供できるようになりました。

メキシコでは、2003年に子供たちのための熱傷治療センターの設立に支援をしました。直火調理による子供たちの深刻な熱傷が非常に多いこの地域では、初の設立となりました。同センターでは、年間およそ200人にもおよぶ低所得児童に対して、救命医療が施されています。このセンターの設立により、この地域の小児死亡率が著しく低下しました。ハーシー社では、ハーシーメキシコのUnited Wayキャンペーンを通して、今後も継続的な支援を続けていきます。

ハーシージャパンの社会貢献活動 Corporate Philanthropy in Japan

リレー・フォー・ライフ ジャパン2012 in 横浜 山下公園 (9月15日-16日)に参加しました!

TEAM HERSHEY
TEAM HERSHEY & RFL横浜実行委員会 実行委員長/日本対がん協会「ほほえみ大使」アグネス・チャンさん


“リレー・フォー・ライフ”をご存知ですか?

ルミナリエ
希望の灯火ルミナリエ
希望の灯火―ルミナリエ それはがん患者(サバイバー)や家族、その支援者らが公園やグランドを会場に、交代で24時間にわたって歩き・走り、がん征圧への願いと新たな絆を深め合い交流する寄付イベントです。1985年、アメリカ シアトル郊外にてアメリカ人外科医の働きかけによりスタートしました。がん患者を励まし対がん運動組織に寄付する目的で「がんは24時間眠らない」「がん患者は24時間がんと闘っている」をメッセージとして、今や世界19カ国に広がっています。

そのようなイベントに2012年ハーシージャパンは、“TEAM HERSHEY”として社員、その家族、友人らが参加しました。共に24時間歩き、またハーシーオリジナルTシャツやハーシーサンデーなどを販売し、その売り上げを寄付しました。私共もがん患者(サバイバー)の方々から多くの勇気と感動をいただき、素晴らしいイベントに積極的に参加できたことを誇りに思います。 リレーウォーク
リレーウォーク

チョコレートシロップ サンデー チョコレートシロップ サンデー HERSHEY’S HOPE Tシャツ
ハーシーチョコレートシロップたっぷりのサンデーはいかがですか? HERSHEY’S HOPE Tシャツ販売中!

Hershey Japan Company Profile

正式名称 ハーシージャパン株式会社
正式名称(英文名) HERSHEY JAPAN Co.,Ltd.
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山2-14-17 ジョワレ南青山5F
URL : http://www.hersheyjapan.com/
創 立 1989年7月
代表取締役社長 Jeff Yoon
事業内容 アメリカハーシー社製品に関する日本国内におけるマーケティング